top of page

テコの動きのマスター

更新日:2021年11月23日

内眼手術は、棒状の細い器具をその器具がぎりぎり通過出来る孔から挿入して操作を行うため、角膜や強膜の刺入部位を支点とするテコの動きが必要になります。


即ち、眼外の手の動きと眼内での器具先端の動きが創口を支点とする対称関係になります。言い換えると、眼内で器具の先端を右に動かしたい場合は眼外では器具を左に、下に動かしたい場合は眼外では上に動かす必要があります(図2)。

初心者にとっては、違和感のある手の動きですが、テコの動きを行わないと眼球が傾いたり角膜に皺が寄ったりするため気付く事になります。最初はそれでも気付かない事が多いので指導医に指摘してもらいましょう。手術時間が少し伸びても良いので、頭の中で右に行きたいから左へ動かせ、下に行きたいから上に動かせと自分自身に命令する事で徐々に慣れ行くでしょう。

閲覧数:90回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page